平成27年度 前期 開講講座

第1回 竹田キャンパス

   テーマ「里山の農業と自然」

 日 程;2015 年 7 月 19 日(日)~20日(月・祝)



   中山間地は里山の景観が残り、豊かな自然環境が残っています。水生生物を通して自然の豊かさを知り、感じて、自然のことについて考えます。また、そばの栽培を通じて里山の農業に触れます。

 

会 場:竹田ラボ、坂井市・竹田地区

コーディネーター;三田村 美恵(農家、農武士ネットワーク)

                   石田 貴久(竹田地区地域おこし協力隊)

内 容;実習→そばまき体験、水生生物調べ

     講義→里山に住む生きものたちについて

集合・解散;現地→→→ 集合 11:30 / 解散 15:30

        JR福井駅→→集合 10:30  /  解散  16:30

参加費;講座受講料 2,500円、宿泊費 4,500円


第2回 あわらキャンパス

   テーマ「鎮守の森と伝統芸能」

 日 程;2015 年 8 月 22 日(土)~23 日(日)

  

神社とそれを囲む鎮守の森は、日本人の精神性を表すものであり、農村のなくてはならない場所です。鎮守の森の保全とそこに根づく伝統芸能・しし舞に触れることで、鎮守の森と日本人とのかかわりについて知り、感じ・考えます。

 

会 場:藤の宿、あわら市・本荘地区

コーディネーター;藤田 侑平(RE:SCOVERY FUKUI)

内 容;実習→しし舞体験、鎮守の森の保全実習      

     講義→農村における神社の役割

合・解散;現地 →→→    集合 11:30 / 解散 15:30

        JR芦原温泉駅→→  集合 10:30  /   解散 16:30

参加費;講座受講料 2,500円、宿泊費 4,500円



第3回 殿下・越廼キャンパス

   テーマ「竹文化と漁村料理」

 日 程;2015 年 9 月 5 日(土)~6 日(日)

   森林と同様に人々の生活を支えてきた竹林。人々は、竹を使って色々なも

   のを作り、使ってきました。そんな竹文化に触れたいと思います。また、越

   廼では、漁村の料理を通じて、漁村の人々の生活に触れます。竹と漁村料

   理の文化を知り、感じて、里山と里海のつながりを考えます。

 

会 場:殿下未来工房、福井市殿下地区・越廼地区

コーディネーター; 堂下 雅晴(殿下被災者受け入れ委員会)

             櫻井 英佑(越廼地区地域おこし協力隊)

            山口 哲弘(ふくい・エコグリーンツーリズム・ネットワーク)

内 容;実習→竹細工体験、漁村料理体験、定置網漁体験

     講義→漁村の料理文化について

集合・解散;現地→→→→ 集合 11:30 / 解散 15:30

         JR福井駅→→  集合 10:30 / 解散 16:30

参加費;講座受講料 2,500円、宿泊費 4,500円


~参加対象~

18歳以上40歳未満の若者

~申込方法~

下記、チラシをダウンロードの上、チラシ4ページにある参加申込書に必要事項をご記入いただき、郵送、FAXでお送りください。また、Web申込からもお申込みいただけます。

~申込〆切~

各回初日の3日前まで。

ただし、初日から7日前以降にお申し込みの方は、事前にわかもの農村大学事務局までご連絡ください。



~宿泊について~

宿泊について宿泊する、宿泊しないが選択できます。宿泊希望欄に希望の有無をご記入ください。2日間の日程のうち、どちらか1日のみの参加も可能です。どちらか1日のみの参加の場合は、参加する日を備考欄にご記入ください。また、宿泊しないけど夕食だけ一緒に食べたいな。。。というご要望もありましたら備考欄にご記入ください。

~送迎について~

各キャンパスより最寄りの駅までの送迎を行います。送迎希望欄に送迎の希望の有無をご記入ください。なお、日帰りでのご参加の場合は、運営の都合上、送迎の対応ができかねますので予めご了承ください。



ダウンロード
平成27年度わかもの農村大学 前期チラシ
わかもの農村大学前期チラシ.pdf
PDFファイル 9.0 MB